健康をサポート

緑のケースとサプリ

サプリメントは、アメリカで広まりました。日本でも2000年代に入り、様々な会社がサプリメントを販売するようになりました。最初は、足りない栄養素を補う形のものが多く販売かれていました。例えば、ビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養素が主流でした。最近では、サプリメントで健康に美しく、ダイエットにと言う考えも広まり、栄養補給から目的を持って摂取されるようになりました。そんな中、現在のトレンドとして、健康面では、病ににならない体を作ること、人間ドックなどでメタボリック予備軍など言われた方が病気にならないために始める、健康診断で指摘されたくないから摂取するなど健康管理の一環として摂取されています。また、美容面ではアンチエイジングを目的としたいつまでも美しくあり続けるものが人気です。

サプリメントを扱っている人は多くいます。まず、食品として使用できる原料の中で健康に美容に良い成分を研究する研究員です。また、厚生労働省などでも、医薬品に使われていた素材を食品でも使えるようにすることを検討する人たちもいます。コエンザイムQ10も医薬品でしか使うことができなかったのに食品でも使えるようになり、様々なサプリメントに取り入れられるようになりました。また、サプリメントをより効果的に、飲みやすくするために開発する健康食品メーカー、化粧品メーカー、製薬メーカーもいます。ただ、効果のあるものだけでなく、健康被害のないように、安心かつ安全なサプリメントを作り上げています。そのため、消費者が安心して摂取することができるのです。